クライアントのFX
クライアントのFX
ホーム > 医療 > 性病にかからないために自己防衛しましょう

性病にかからないために自己防衛しましょう

日本には数多くの歓楽街が存在しています。

その中でも男性に人気なのが女性のいる怪しい店です。

例えば居酒屋で飲んだ勢いでそんなお店に行くという人もいるのではないでしょうか。

 

そういうお店に行く際、性病に感染するリスクについて考える人はほとんどいないでしょう。

パートナーがいて、性行為はパートナーとしかしないのであれば性病に感染するリスクは低くなりますが、そういった怪しいお店で働く女性は毎日不特定多数の男性に対して性行為によるサービスを提供しています。

当然、お店側はこれに対して指導や感染予防などの対策を講じているはずですが、必ずしも感染を防げるとは限りません。

 

そういったお店にも営業スタイルがいくつかあります。

たとえばホテルのような部屋を設けて、そこでお客さんに対してさまざまな怪しげなサービスを行う店舗型もあれば、お客さんが宿泊しているホテルに女性を派遣するタイプの営業スタイルもあります。

いずれの場合においても、基本的に性行為は行われていませんが、性病への感染のリスクがなくなるわけではありません。

 

例えば口を使った行為によっても性病に感染します。

特に、同じ店舗型でも小さな個室だけが設けられた狭い店内で次々とお客さんに対して口を使った性行為を行うような店舗では、性病に対してのリスクについてきちんとした管理がされているとは言い難いと言えます。

 

また、店舗側が負担して定期的に性病の検査を受けさせている優良な店舗もあるようですが、基本的には女性に任せている店舗も多いようです。

初めは女性も性病を恐れて定期的に検査を受けますが、異常がない検査結果が続くと考えているよりも安全なのだと安易に考えて検査の頻度が減り、最終的には検査を受けなくなってしまうこともあるようです。

 

念のため店舗型では殺菌作用の強い石鹸を使いますので表面上は安心かもしれませんが、細菌は喉の粘膜や膣内に潜んでいますのであまり意味はありません。

 

性病への感染のリスクを回避するためには店舗側だけではなく、そこで働く女性はもちろんお客さんとして来店する男性もしっかりと把握していなければなりません。

 

参考:性病の現状はどうなっているのか