クライアントのFX
クライアントのFX
ホーム > 注目 > 柔構造の建物を参考に自宅づくりを考えよう!

柔構造の建物を参考に自宅づくりを考えよう!

日本は様々な災害が起きる国としても有名で、世界的に見ても珍しい国といえます。

台風に火山、地震が身近に起こる災害として有名であるのですが、特に地震は日本全国どこにいても起きてしまうものであるので、日々の生活の中でも気を付けなければなりません。

このように日頃から注意しなければならない地震であるのですが、地震が起きると真っ先に考えるのは家が倒れないかということです。

古い木造の家などは強い地震が起きることで倒壊してしまうことがあるので、住む際にはよく気をつかなければなりません。

倒壊の危険性を感じたらリフォームを行おう

鉄筋コンクリートのマンションやビルであっても古いものは耐震強度が足りずに強い地震が起きた際には、倒壊の危険があるとも言われています。

木造、鉄筋コンクリートの建物でも強い揺れには弱く倒壊の危険性があるのですが、そうした中で注目されているのが柔構造です。

柔構造というのは、強い外力がかかった際に、その力を受け流すように作られている構造のことで、建物では梁などががっしりと組み合わされるのでは有りません。

いくらか余裕をもって組み立てられることで、大きな揺れが来て外力がかかっても、うまくその力を逃すような構造になっています。

日本のかつての家などは、基盤をしっかりと固めて、梁や柱をしっかりと固定して作られている剛構造のものが多く、地震などが来て強い外力が加わると、ある一定の強さまでは耐えられるものの、それ以上の外力が加わると、倒壊してしまいます。

なので、近年では柔構造を持った建物に注目が集まっています。

出典:http://www.miraihouse.jp/tosou/

日本には柔構造の建物が多く存在しています

代表的な柔構造の建物というと古い神社仏閣になります。

五重塔などがその代表ですが、こうした建物の影響を受けて最近建てられた高層ビルや高層マンションは、地震が来て強い外力が加わると、柔構造のように自らが揺れて外力を逃すようになっています。

最近では住宅に柔構造のような地震による揺れを上手く逃がす免震構造などを取り入れる家も多く見られるようになっています。

免震構造は柔構造のように強い揺れが来た際には、揺れに逆らわずにそのまま建物ごと揺れて力を逃していくものです。